FC2ブログ

残すところ、あと1日・・・

こんばんは、駄菓子屋の社長(?)こと四回生藤田です。

 学年別も早いもので明日の最終日だけとなってしまいました。多い人でこの三日間試合に出続けて、また朝早くから起きていて疲れがピークに達している人もいると思いますが、あと一日気持ちを切らさず、またもう試合が終わった人もこれから出る選手が少しでもいい記録が出るように精いっぱい応援していきましょう。

 まず皆さん今回学年別に出させてもらい、自己ベストに挑戦する機会をいただきありがとうございます。情けない話ですが今回も学年別の標準を切ることができず、4年連続で学校枠のお世話になって出場させてもらいました。

結果は50”45と大学生活で最低限の目標としていた50秒を切ることが出来ませんでしたが、今までの試合の中で一番充実した試合をすることができました。レース前に今回こうして走らしてもらえる事に感謝を覚えたと共に、今回が10年間不器用なりにも続けてきた陸上競技という自分自身の1つの物語に一区切りつけるんだと思った時に、いつもは長く感じがちな400mという距離がとても短く、そしていとおしいものに感じられました。そのおかげで前半から自分なりに積極的なレースをすることができました。
 
 レース後ちょっとした充実感と同時に自分は“運を口説く”努力が足りなかったと感じました。これは最近読んだ「心を整える。」というサッカー日本代表の長谷部誠さんの本に書かれていた言葉の1つで、スペイン語で運(la suerte)は女性名詞であるため、アルゼンチンには「運は女性のように口説きなさい」ということわざがあるそうです。何も努力しないで振り向いてくれる女性がいないのと同じように運もこちらが必死に口説こうとしないと振り向いてはくれないと意味だそうです。私は今まで特に学年別で組に恵まれることが多くありましたが、それを生かしきることができず、今回もほかの組より遅い二着通過を活かすことが出来ませんでした。これは自分がせっかく巡ってきている運を活かしきれるだけの準備や日々の取り組みができていなかった結果であり、大学四年間の陸上生活で反省すべきことのひとつです。

 今回の学年別が終われば学祭などの休みを経て、いよいよ来シーズンに向けての冬季練習が始まります。三回生にとっては大学生活最後の年であり、多くの人が自分の好きなことに打ち込める最後の期間への、二・三回生にとっては自分の目指すところへ今年よりももう一段階上に行くための準備が始まります。 冬期は質・量ともに増え、目指す大会も数ヵ月先と肉体的、精神的にも追い込まれるときだと思います。ただそこでマイナス思考になったり、消極的にならないでほしいです。人は決して強くないし、我を貫き通し続けることは簡単ではありません。自分では積極的に行動しようとしていても、その他の人たちが消極的だとついつい楽な方に流されていってしまい事があると思います。
 しかしその逆で一人が消極的になっていたとしても、他の人たちの行動でそれをプラスの方向に持っていくこともできます。 二回生の時に、他の人たちの日記にも書いてありましたが、平日の冬季4人...という少人数の中で福田さんや山本、吉住に練習で全くついていくことができずに、消極的になっていた時にこの3人の積極的に勝負している姿を見て、これじゃいけないと何とか心を折らずに保つことができていました。 一人ひとりがやってやるという気持ちを持って、同じ方向を向いていればそれはチーム全体の雰囲気になり、どこにも負けない、いまよりもっともっとすごい集団になっていくはずです。

長くなりましたが、これで僕の最後の日記を終わりたいと思います。 有難うございました。

明日の最終日も今シーズン思い残すことのない最高のパフォーマンスができるように頑張っていきましょう!!

次はまたまた奈良つながりで短長のエース、真辻につなぎたいと思います。よろしくv
スポンサーサイト



09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kinkiuniv. T&F

Author:kinkiuniv. T&F
近大陸上部の部員日記です!
日々の練習や大会、行事、出来事について報告します☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR