FC2ブログ

こんにちは

失礼します。
近畿大学体育会陸上競技部三回生の栗山です。

ぼくは先週まで故障していて、今週から練習を始めています。故障明けの練習はとても苦しいもので、悔しいものです。ひと月前には当たり前のようにできていたジョグですら満足にはできません。なんだか“ふりだしに戻る”のマスを踏んでしまったプレイヤーのようです。人生ゲームは「そんなこと人生で無えよ」と思うようなことでも実際あるのですから面白いものです。

さて、今日はある一回生の話をしたいと思います。その一回生は今も故障中で走ることができていません。しかし、彼はあらゆる方法で怪我を治そうとしたり、治った後すぐに走り出せるようにと工夫をして過ごしています。例えば、サッカーのドリブルをしながら軽いジョグをしたり、サッカーボールでリフティングをしたりとさまざまです。彼の行動の一つ一つに意味がある、と思っている僕はドリブルの意味をこのように解釈しました。ドリブルをしながら走ることで、ドリブルすることに意識の方向を向け、怪我の痛みを和らげるのだと。先週、ぼくも真似をしてドリブルジョグをしてみると、スルスルとペースが上がっていき、なんと普通に走れました。すごいです。

そして今日、リフティングの意味を彼に聞いてみたところ、足の使い方を上手くするためだと言っていました。即座に納得しました。足の感覚を鋭くすることで、走りに繋げることができる。このような考え、僕には思いもつきません。

怪我を治すことだけを取ってみても、これだけさまざまな方向から物事を考えられることは尊敬します。彼の走りへの執念、姿勢、考えは見習うべき点が山のようにあると思います。これからも須山君の動向を注意深く観察していきたいと思います。

失礼します。
スポンサーサイト



09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kinkiuniv. T&F

Author:kinkiuniv. T&F
近大陸上部の部員日記です!
日々の練習や大会、行事、出来事について報告します☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR